特集「LDLコレステロール」の一覧

【スポンサードリンク】

そもそもコレステロールとは - Topへ

LDLコレステロールは悪玉、HDLコレステロールは善玉と言われていますが、そもそもコレステロールは体を構成する細胞を包む細胞膜や各種ホルモン等の原料であり、体を維持するために必要なものです。

コレステロールは中性脂肪同様”あぶら”なので、そのままの形では水に溶けません。そのため水と親和性のある蛋白と結合し、水に馴染みやすい安定なリポタンパクとして、血液中に存在しています。

このリポタンパクはタンパク質の量で比重が異なり、その比重の違いで、カイロミクロン(Cylomicron)、超低比重リポ蛋白(VLDL:Very Low Density Lipoprotein)、中間比重リポ蛋白(IDL:Intermediate Density Lipoprotein)、低比重リポ蛋白(LDL:Low Density Lipoprotein)、高比重リポ蛋白(HDL:High Density Lipoprotein)の5つに分類されます。

この中でコレステロールを主に運んでいるのがHDLとLDLで、HDLに運ばれているコレステロールをHDLコレステロール、LDLに運ばれているコレステロールをLDLコレステロールと呼んでいます。

このLDLとHDL2つのリポタンパクはコレステロールを運ぶことに関してはまったく逆の働きをしており、HDLが体の隅々の血管壁からコレステロールを抜き取って肝臓に運び、LDLは肝臓からコレステロールを全身の細胞に運ぶため、コレステロール量が多いと血管壁にコレステロールが蓄積してしまいます。

そのためLDLコレステロールが血液中に増加すると、体の隅々に運ばれるコレステロールが増え、コレステロールが血管壁の内膜に溜まってしまいます。そうすると血液の通り道が細くなったり、血栓ができやすくなり動脈硬化を促進させてしまいます。そのため心筋梗塞や狭心症、また脳梗塞などの動脈硬化性疾患のの危険が増すことになります。そのためLDLコレステロールは「悪玉コレステロール」と呼ばれています。

これとは逆にHDLコレステロールは、体の隅々の血管壁から余分なコレステロールを肝臓に運び、動脈硬化の防止につながるため「善玉コレステロール」と呼ばれています。

LDLコレステロールが多いと - Topへ

LDLコレステロールの値が高いと、心筋梗塞、狭心症などの虚血性心疾患や脳梗塞などの脳血管障害、動脈瘤などの発生する確率が増すことが統計的に明らかになっています。

昨今、食事の欧米化にともなって、全般的に血液中のコレステロール値が高くなる傾向にありますが、ある一定基準を超えた状態を高コレステロール血症といいます

高コレステロール血症の診断基準総コレステロールが220mg/dl以上 あるいは LDLコレステロールが140mg/dl以上となっています。

LDLコレステロール値を求める計算式は以下のとおり

LDLコレステロール値(mg/dl)=総コレステロール値-HDLコレステロール値-(中性脂肪値÷5)

たとえば、総コレステロール値が240であっても、HDLコレステロールが80を超えているような場合はたいてい心配はないといわれています。しかし、LDLコレステロール値が基準の140を超えているときは問題になってきます。

健康診断ではLDLコレステロールを調べないことも多いようですが、その場合は総コレステロール、HDLコレステロール、中性脂肪それぞれの値から計算で求めることができます。

現在では多くの医療機関で調べてくれるので、検診で血中脂質に以上があって、動脈硬化の危険因子(肥満、糖尿病、高血圧、喫煙など)もあるような場合は一度検査を受けるとよいでしょう。

このようにコレステロールの値を見る時は、総コレステロールの値のみならず、LDLコレステロールが正常域以下かどうか、HDLコレステロールが正常域以上かどうかを合わせてみる必要があります。

LDLコレステロールは動脈硬化の指針 - Topへ

日本動脈硬化学会では、動脈硬化の進み具合を判断するための基準を定めていますが、その指針がこの4月に新しくなり、今までの総コレステロール値に変わりLDLコレステロールを用いることになりました。

動脈硬化性疾患予防ガイドライン

これは総コレステロール値が高い人には善玉コレステロールであるHDLコレステロール値が高い人も含まれてしまい動脈硬化の心配のない人まで含まれてしまう可能性が高かったためです。

LDLコレステロールが高く、さらに肥満もある方はいっそう動脈硬化が進みやすいと考えられます。
ぜひご自身のLDLコレステロール値を知り、高い場合は生活改善などの対策を考えましょう。

LDLコレステロールが高めなら食生活の3つを変えよう - Topへ

※摂取エネルギーを減らそう
LDLコレステロール値が高いと、コレステロールを含む食品を控えることを考えがちですが、LDLコレステロールを減らすには、肝臓で合成されるコレステロールを減らす必要があるため、総摂取エネルギーを適正化することが何より重要です。

減量の目標はBMIによる標準体重とメタボリックシンドロームの判定基準のひとつである、腹囲の基準(男性:85cm以上、女性:90cm以上)を目安にしましょう。

※コレステロールを取り過ぎない
摂取エネルギーを減らしたうえで、食品からの摂取コレステロールを減らすと血中コレステロールは効果的に下がります。
コレステロール摂取量は300mg/日に抑えるのが目標。

・コレステロールを多く含む食品の例

食品名 100g中の含有量(mg) 目安量
鶏卵(卵黄) 1400 Lサイズ1個(20g)・・260mg
鶏レバー 370 焼き鳥1本分(30g)・・111mg
たらこ 350 1腹(70g)・・245mg
ししゃも(生干し) 230 ししゃも1匹(50g)・・115mg
うに 290 すし1個(10g)・・29mg

※メニューに工夫を
外食、特に洋食に偏った食生活ではどうしてもコレステロールとカロリーの取りすぎになりがち。そこでメニューを選ぶときにカタカナ食品ではなく、ひらがな食品を選ぶのがコツです。こうすることで自然と和食が増え、コレステロール摂取量を抑えることができます。

また魚(とくに青背の魚)にはEPA、DHAが多く、これらはLDLコレステロールを上げず、中性脂肪を下げる働きがあります。肉類のおかずを減らし、魚を増やすことでコレステロールを下げることができます。

【スポンサードリンク】


【ブックマークに登録】
はてな MyYahoo! del.icio.us livedoorClip Google Technorati Buzzurl Digg Bloglines DRECOM niftyクリップ pookmark pingking Choix

オススメ!

森下仁丹オンラインショップ